2004年10月06日

「牛丼は米国産でなくてはならない。これ常識」by吉野家

 すき家 豪州産使用の牛丼好調
    9月売上高10%増

◆牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーは、豪州産牛肉を
 使って牛丼メニューを復活させた9月の既存店売上高が前年同月比
 10.2%増えたことを明らかにした。

◆大手チェーンで初めての牛丼再開が消費者の人気を集めた格好だ。

◆一方、「牛丼なし」の営業が続く最大手の「吉野家」は同31.4%減と
 低迷しており、牛丼の「国民食」としての浸透ぶりをうかがわせた。


吉野家は一体何にこだわってるのかよくわかりません。
posted by シュート at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。