2005年03月24日

驚愕!! フジTV株1000億円貸株 SBIは投資20億円で筆頭株主へ!?

プレスリリースを読んだがよく意味が分からない。タイトルは『コンテンツ・メディア・ブロードバンド関連企業を投資対象とするベンチャーキャピタルファンドの共同出資による設立について』である。
内容を見ると。

このたび新たに設立するベンチャーキャピタルファンド「SBI ビービー・メディア投資事業有限責任組合(通称:SBI ビービー・メディアファンド)」は、SBI 及びSBI ベンチャーズ、フジテレビ並びにニッポン放送が合計200 億円を当初出資し、主に映像・音楽・出版等のコンテンツ事業、メディア関連事業及びブロードバンド関連事業を行うベンチャー企業への投資を行ってまいります。

同ファンドでは、SBI グループが持つ通信・インターネット分野における事業ノウハウ及び同分野におけるベンチャー企業育成の実績と、フジテレビ、ニッポン放送の持つ放送分野における豊富なコンテンツ・制作能力・技術力・人材等を融合することにより、放送・通信・インターネットの各分野にまたがる有力なベンチャー企業を発掘・育成し、ファンドの運用パフォーマンスの向上を目指すとともに、投資対象領域となる産業分野の発展への貢献を図ってまいります。


とある。これは恐らく「ライブドアに言われるまでもなく我々自身もITとの連携を模索している」と主張する為のネタの一つであったと思う。ファンドの出資金200億円の内訳を見ると『SBI:20億円、フジ・ニッポン放送:180億円』とあるからソフトバンクインベストメントはそもそも添え物みたいなモンである。
上記の文章と下記がどう繋がるのかよく分からない。

また、SBI、フジテレビ及びニッポン放送は、相互の協力関係を強化すべく、ニッポン放送が保有するフジテレビ株式353,704株(発行済株式の13.88%)を株券消費貸借によりSBIが借受けることについてあわせて合意しており、このたびのベンチャーキャピタルファンドの設立及び運営を軸として、今後、事業シナジーを積極的に追求しながら、それぞれの企業価値の向上を目指してまいります。なお、当該消費貸借の実施により、消費貸借期間中、対象株式の議決権はSBIに移転し、SBIがフジテレビの筆頭株主となります。


いかにも取って付けたような文章である。
恐らく昨日の高裁決定を見て取って付けたのだと思うが・・・・。

この決定がどういう結果に向かうのか僕には皆目分からない。

フジの経営陣には見えているのだろうか・・・。
posted by シュート at 17:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2578298

この記事へのトラックバック


Excerpt: ベンチャーキャピタルベンチャーキャピタル(Venture capital)は、創業からの期間の浅いベンチャー企業に対して資金提供を行う投資会社(投資集団)のこと。通常、資金を「貸す」(融資)のではなく..
Weblog: 投資最新ガイド
Tracked: 2007-08-01 17:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。