2005年02月20日

前言撤回・こんにちはホリエモン 儲け話大予言編

僕の趣味は株式投資である。
しかし、ライブドアは今まで投資対象外だった。PERやPBRと言った株価指数が軒並み「株価が高すぎます」と警告している上に、本業もなんだかよく分からない、常識外れの株式分割を繰り返して株価を吊り上げ、赤字確実の球団経営をするんだと言い出す、まあ、正直あんまり乗りたくないジェットコースターと言うのが感想だった。
実際、株価は下がり続けていたしね。

しかし、今日、初めてライブドアを買ってみようと思った。
ライブドアが別に特別いい仕事をしているとかは思わないし、フジテレビを今より面白くできるアイデアがあるとも思わない。ライブドアのサイトを覗けばヤフーのモノマネとしか思えないし・・・。
堀江さんの物言いが一部上場企業の経営者として適切なのかも分からない。(オモロイので芸人としては好きだが)「資本参加してフジサンケイグループの経営のお手伝いをしたい」とでも言っておけばいいのに勢いケンカ腰で喋り散らすので話をこじらせているように思う。その限りには「アホ」である。「ニッポン放送を増資してフジの25%なんか薄めてやる」など売り言葉に買い言葉で手の内を晒すなどまさに「ドアホのテッペン」以外の何物もないではないか、僕は関西人なので「アホ」とは言ってもそれ程侮蔑的なニュアンスでもないのだが・・・。

前説が長くなった。お金儲けの話をします。
意味が分からない所は「前言撤回・こんにちはホリエモン 基本説明編」を一読頂いたら分かりやすいかも知れません。

【サンデープロジェクトの堀江発言】

堀江社長はサンデープロジェクトでリーマンブラザーズがライブドアから借りた株9345万7千944株のウチ少なくとも890万株をカラ売りした件について詰問された時、
「リーマンブラザーズにライブドアが貸した株はMSCBの発行期日までのつなぎ融資の担保で、基本的には24日に返却される事になっている」
と知ってる限り初めての発言をした。

リーマンがカラ売りを始めてから株価は順調に下がり続けている。
終値で見ると

10日(木)454円
14日(月)411円
15日(火)372円
16日(水)370円
17日(木)356円
18日(金)323円

と一目瞭然の下げ相場である。
リーマンブラザーズは10日以降も売り注文を出して株価下落誘導をしているのではないかと思う。昨夜の「ブロードキャスター」の榊原発言(別掲)もそう言う意図かもしれない。
リーマンブラザーズは最大限のライブドア新株が貰える新株買取り下限価格の157円に誘導しようとしているのではないだろうか。ちなみにリーマンのMSCBとは「水木金のライブドア株の平均価格の10%引きで、新しく印刷したライブドア株を一億円分づつ800回ライブドアから貰える権利(ただし157円が下限価格。174.4円の10%引きですね)」である。


東証には値幅制限と言うルールがある。

・200円以上500円未満の株は上下80円
・100円以上200円未満の株は上下50円
・      100円未満の株は上下30円

と言う値幅に到達すればその日の取り引きは中止である。

少し極端ではあるが仮にストップ安高が連続したとした場合を考えよう。
水木金の株価の平均がMSCBの算定基準である事に留意頂きたい。

21日(月曜日) 243円   -80円ストップ安
22日(火曜日) 163円   -50円ストップ安
23日(水曜日) 113円 -50円ストップ安
24日(木曜日)  63円 -50円ストップ安   MSCB発行日 リーマン借株返還
25日(金曜日)  93円以下 +30円ストップ高でも・・・

24日木曜日のMSCB発行と同時にライブドアは現在リーマンから借りている588億円と交換で800億円を受け取るようである。
僕はその212億円で金曜日・月曜日とライブドアがニッポン放送株を買い進めて一気に50%越えをするのではないかと踏んでいる。
そして翌週2月28日月曜日に堀江社長が「買収完了」を高らかに宣言するのだ。

同時にリーマンは新株予約権の行使をする。前週の水木金曜日の価格が174.4円を下回っていれば最大限の株数が確保出来る事になる。
もし全権利を行使したとしたらライブドア全株6億4635万3119株に対して5億955万4140株の新株が現れるワケだから株数の希薄化が起こる。
が、ライブドア株はそもそも450円から売り込まれているワケだからリーマンの借り株が堀江さんに返還されていてカラ売りがないと見れば少なくとも450円の約半額である225円を目指して行くのではないかと思う。
いや、ニッポン放送買収の成功となればそのインパクトはかなりのモノである。
一時的な大相場に発展して300円、400円と値上がりする可能性も高い。

そもそもニッポン放送は会社予想で2005年は1087億円の売上げと54億円の純利益を予想している超優良企業である。現在一株配当15円なので全株の50%の配当だけでも2億4600万円になる。
ちなみにライブドアは2004年の売上げ308億6800万円、純利益35億7700万円なので(2003年の純利益は4億8800万円)どっちが親会社だか分からないくらいだから、仮にフジテレビの支配まで出来なくても十分に株価を押し上げるだけのインパクトにはなるだろう。

つまり、23日から25日までの水木金の間に100円程度でライブドア株を買えたら短期間で3倍にも4倍にもなるのではないかと言うのが、この『こんにちはホリエモン 儲け話大予言』の趣旨である。

しかし、前掲の株価の仮説には一つ抜けている要素がある。
リーマンブラザーズがカラ売りした株の買い戻しである。
借株9345万7千944株を売り払って株価を113円まで押し下げても24日木曜日には買い戻してライブドアに返さなくてはならないのではないかと言うギモンだ。
一気に買い戻そうにもストップ高では取り引きできないし、木曜、金曜と株価が174.4円より上に来れば旨みが減る。
そこで【サンデープロジェクトの堀江発言】である。
「リーマンブラザーズにライブドアが貸した株はMSCBの発行期日までのつなぎ融資の担保で、基本的には24日に返却される事になっている」
と堀江さんは 「基本的には、基本的には、会社に帰って確かめなくては分からないが基本的には」と何度も繰り返していたのだ。
貸したモノを返してもらうのにいくらなんでも「確かめなくては分からない」はないだろう。命を掛けた588億円の担保である。汗と涙(かどうかは分からんが)で作り上げた大事な会社の株券である。ジャイアンとスネ夫でもあるまいし・・・・。

リーマンへのライブドア株の貸し株の延長を認める項目が契約にあるのではないだろうか?
ライブドアが発行する新株をそのままライブドアに返還すればリーマンは買い戻しをしなくても済む。仮にリーマンが5億955万4140株を得たとしてそこから9345万7千944株を差し引いても全株のウチの35%は手元に残る計算となる。

堀江社長の「基本的に」の意味はそう言うコトなのではないだろうか。


と、あくまで以上は私の妄想である。投資は自己責任でね・・・。

posted by シュート at 19:32| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。興味深く拝見しました。

ところで、質問なのですが、
リーマンの顧問に就任している榊原さんのことなんですが、ブロードキャスターで、あんな発言していいのでしょうか?
アレは顧客であるライブドアに対しての、倫理上問題なのでは?と、ふと思ってしまいました。
あれじゃ、リーマンに私募債の業務は頼めないと思いました。
顧客にはなれないと・・・。
金融業界に詳しくないんですけど・・・ちょっとびっくりしました。
Posted by チャート at 2005年02月21日 13:19
チャートさん

リーマンが会社として榊原発言に関与していたら証券取引法違反でしょうね。株価操作をすればリーマンの新ライブドア株の引き受け数が増えるワケですから。
しかし、今日は反対に上がってしまってます。
堀江さんを怒らせて「24日に貸し株は返してもらう」と密約を暴露されたのかも知れません。
Posted by シュート at 2005年02月21日 13:44
堀江さんピンチだと思います。マスコミにつまらない男として抹殺されようとしています。若気のいたりで窮地に追いやられようと、堀江さんは日本の優秀な経営者の一人ではないですか。マスコミに乗せられず、仮に彼が今回負けたとしても、エールを送りたいと思います。
Posted by 稲葉 at 2005年02月21日 14:15
堀江さんピンチだと思います。マスコミにつまらない男として抹殺されようとしています。若気のいたりで窮地に追いやられようと、堀江さんは日本の優秀な経営者の一人ではないですか。マスコミに乗せられず、仮に彼が今回負けたとしても、エールを送りたいと思います。
Posted by 稲葉 at 2005年02月21日 14:15
稲葉さま
ところで私は実は堀江さんと同い年なんですが、正直な所、堀江さんには多少呆れている面もあります。よく言えば非常にユニークなんですが。
銘柄研究としてライブドアを詳しく調べたワケではないので経営能力については分かりませんが、ネットで堀江氏を支持する人の多くがライブドアのサービスどころかサイトすらも訪れたことがないと言うのも現実だと思います。
「ヤフー」のサービスは使いたくないと思ったとしても避けて通れないくらいですが。
それを全て経営規模のせいにしているのは「なんだかなぁ」と思う面もあります。
Posted by シュート at 2005年02月21日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2044780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。