2005年02月22日

ライブドアに270円以下の下値なし。

明日から全てストップ安でも水木金の平均価格は224円。
リーマンが800億円を全て新株に変えても4億株。
持ち株比率は丁度40%ですか。
この希薄化によって単純計算でこの話が始まる前の株価の60%に下落したとして

450円×60%=270円

これが希薄化を最大限考慮した場合の理論株価と言ってよいのではないでしょうか。
3倍の売り上げのあるニッポン放送を傘下に収めた以上、来週以降270円以下に下がるコトは考えられないでしょうね。
リーマンが来週に800億円を一気に変えてしまわなければ新株発行数は減るので希薄化率は更に下がり、理論的な株価は更に上がると考えます。
なお、上記の224円を叩き出すのには金曜の終値を174円にする必要がありますが、ニッポン放送買収がほぼ確実な今、最大にして一億株程度であろうホリエモン貸し株のカラ売りでそこまで値を崩すのは難しいんじゃないでしょうか。(相場を見る限りかなりを木曜日に返還するような感じですが)

常識的には現在より100円安の250円より下に行くのは難しく、水木金の平均株価は感覚的に低く見積もって300円ってところではないでしょうか。
300円ならリーマンの新株は3億株程度になります。持ち株比率としては33%程度ですか。

450円×66%≒300円

よって300円より株価が下に来たら安心して買いなのではないか、270円以下なら迷わず買いなのではないかと言うのが僕の意見です。

投資は自己責任でおねがいしますよ。




posted by シュート at 19:10| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。