2005年02月19日

さよならホリエモン

今回の買収について、僕は堀江さんはライブドア内の裏切りで社長
と筆頭株主の座から引き摺り下ろされようとしているように見えて
なりません。ライブドアの発展の障害が堀江さんの言動である事は
明らかですし、純粋に会社を思えばそれもアリなんだろうとも思い
ますが。
もしそうだとしてらドライな話ですが、そう言う環境を作ったのは
他ならぬ堀江さん自身なのでしょう。
上手く行ったとしてニッポン放送は取れるでしょうが、どう考えて
もこの話はそこでおしまいですよね。フジテレビに一人くらい取締
役を送り込んだからって何が変わるんでしょうか。
創業者として優秀な堀江さんが実業家として貧困である事はライブ
ドアの閑散としたサイトを見れば分かります。「アイデアがあるな
らまず自分の会社で使ってみろよ」です。

まあ、マスコミの横並び体質が崩れるなら面白いかもしれないです
ね。夕方6時は全国ニュースと決まってたりしますから。
免許を貰ったら後は電波の大家さんって感じで各局、イマイチ、パ
ンチに欠けるのも事実ですね。
posted by シュート at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。